Loading

MAGAZINE

「私の”推し”コワーキングスペース」【TIMES CAFE】編

まるでカフェ!乙女心をくすぐるインテリアや設備が盛りだくさん

こんにちは、フリーライターのnanaです。

今日は私の“推し”コワーキングスペースとして、神楽坂にある「TIMES CAFE」をご紹介いたします!

神楽坂といえば、石畳の路地裏や和食、和カフェなどで有名ですね。恋人や友達と楽しんだりする方が多いのではないでしょうか?そんな場所に実はコワーキングスペースがあったなんて驚きです。かつてパチンコ店であったその場所にできた「TIMES CAFE」は地元の方からも喜ばれている場所なんだとか。

…それではさっそく、

「TIMES CAFE」」私の“推し”ポイント5選!

  1. 木目調の温もりのある空間は“まるでカフェ”
  2. リラックススペースでブレイクタイム
  3. こだわり厳選コーヒーをはじめ、あったかスープなど充実のドリンクバー
  4. 女優ミラーの前に映る私は「女の顔」
  5. WindowsPCもMacPCもあるので手ぶらで来てもOK!

では、ひとつずつ具体的にみていきましょう!

木目調の温もりのある空間は“まるでカフェ”

1階部分は木目調の店内です。ふかふかのソファ席やカウンター、丸テーブル席などさまざまな座席があるのでいろいろな場所でお仕事できます。各席周りには電源が完備されているので電源難民にはなりません。もちろん高速Wi-Fiも完備。

さらにテラス席まで!解放感のあるテラス席では喫煙も可能です。

私が“まるでカフェ”と思うのは木目調の温もりだけではありません。黒板にチョークで書かれたアーティスティックな文字。これが“カフェのような空間”を作り出しているのではないでしょうか。お洒落なカフェにこういうの、ありません?

それもそのはず。このコワーキングスペースは「カフェよりのコワーキングスペース」として作られているのです。カフェで普段お仕事される方も多いかと思います。しかし、そのときに気になるのは滞在時間や店員さんの視線ではないでしょうか。私はとても気にします。コーヒー1杯で1時間ぐらいならいいかな、と思いつつも本当は5時間、いや一日そのカフェで仕事していたい…。フードもつければいいかなとか、あ、少し混んできたから出なきゃいけないかなとか…。

神楽坂周辺にはおしゃれなカフェが多いからこそ「仕事場」としてなかなか利用するのは難しいです。しかし、滞在時間や店員さんの視線を気にしなくてもいいように“カフェよりのコワーキングスペース”として作られました。
女子の乙女心を掴みつつ、コワーキングスペースとしての役割のある場所。聖地のようですね!

リラックススペースでブレイクタイム

長時間PCとにらめっこしていると目や肩首が疲れてきませんか?身体の不調は上半身だけでなく、下半身にも。長時間座っているのでお尻が痛くなったり、足がむくんできたりします。座席で簡単なストレッチはできますが、できればもっと身体をゆるめたいところ。

その願い、叶います。

TIMES CAFÉの2階にはTV付きのリクライニングソファやマッサージチェアがあります。雑誌が100誌以上も置かれているライブラリースペースもあるので心ゆくまでお寛ぎいただけますよ。少し薄暗いこの空間にあるマッサージチェアで身体をほぐすこの時間、まさに至福のひとときです。そのあとの仕事も頑張れます!(うっかり寝てしまわないようにだけ気をつけて!)

こだわり厳選コーヒーをはじめ、あったかスープなど充実のドリンクバー

1階・2階のどちらにもドリンクバーがあります。1階のドリンクバーには最近導入したスープも!カタカタPCを叩いているとこういうほっこりとする飲み物も欲しくなりますよね~。コーヒーはこだわりの豆を焙煎したものなので超本格的!おいしいコーヒーがあると仕事にも精が出ます。

女優ミラーの前に映る私は「女の顔」

2階には女性専用のメイクルームがあります。大きな女優ミラーと拡大鏡・全身鏡があるので、ここでがっつりお仕事した後は女の顔に切り替えてデートの準備。こういう鏡があるのは高級ホテルだけだと思っていたのでとても驚きました。

このミラールーム、もちろん自分で利用するのも便利なのですが、写真撮影のあるインタビューのお仕事の時にはメイクルームとして大活躍してくれそうです!

WindowsPCもMacPCもあるので手ぶらで来てもOK!

夜のデートに重たいPCを持ち歩きたくないなぁ、可愛い服に大きなカバンはアンバランスだから持ちたくないなぁという女子必見!TIMES CAFEにはWindowsPC・MacPC合わせて5台が用意されているのでPCを持って来なくても大丈夫!

コワーキングスペース「TIMES CAFE」はこんなコワーカーにおすすめ!

  • カフェのようなお洒落な空間で仕事がしたい人
  • 仕事の合間にリフレッシュした時間が必要な人
  • 仕事のお供にいろいろな飲み物を飲みたい人
  • 仕事とプライベートはきっちり分けたい人
  • 仕事の後にプライベートの予定がよく入る人

デートの前に疲れた身体はマッサージチェアでほぐし、女優ミラーの前でメイクアップ、さらにはPCを持って来なくても大丈夫なので小さいカバン。ここまでくると仕事帰りを微塵も感じさせない。すごいです。
あくまで一例ですが、ここまで乙女心をくすぐるサービスのあるコワーキングスペースはなかなかないのでは?!

こちらはコワーキングスペースなので料金は時間制。ここまでのサービスで最大1,990円。最大料金まで支払うとお店の外に出ることも可能なので、神楽坂ランチを楽しむこともできますよ。
カフェのような空間で仕事をするだけではなく、身体も心もホッとしたい方におすすめのコワーキングスペースです。

「TIMES CAFE」営業時間や料金などの詳細はこちら

日本初!京都の起業家シェアハウスにて「交流」と「体験」の提供に特化した民泊事業をスタート!

「私の”推し”コワーキングスペース」【Alley base(アリーベイス)】編

関連記事

  1. あなたもフリーランスを試すべき3つの理由(コラムをブックマーク)

    2018.05.14
  2. 「私の”推し”コワーキングスペース」【RAKU SPA1010 神田】編

    2019.03.21
  3. 「私の”推し”コワーキングスペース」【Alley base(アリーベイス)】編

    2018.09.18
  4. 「私の”推し”コワーキングスペース」【いいオフィス上野】編

    2018.06.30
  5. 人材不足の救世主!?入退室管理「Akerun」

    2018.05.08
  6. 「Dr.コモールのワーキングクリニック」カルテNo,001 子連れコワーキングス…

    2018.10.27

最新ニュース

PAGE TOP