Loading

MAGAZINE

スペース活用コワーキングプラットフォーム「via-at(ヴィアート)」が首都圏でサービス開始

株式会社via-at(呼称:ヴィアート)は、店舗やカフェの空きスペースを活用し、コワーキングできるスペースとしてスマートフォンをかざすだけで簡単に利用することを可能にするコワーキングプラットフォームサービス「via-at」を昨年12月に開始、つくばエリアでスポットを順次拡大、5月中旬より首都圏でサービス開始した。

サービスイメージ

ニュースソース

[blogcard url=”https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000029830.html”]

株式会社via-at

[blogcard url=”https://via-at.space/”]

JAL、社内外の交流拠点「JALイノベーションラボ」オープン

「出会いは、シェアオフィス」NHKニュースウォッチで放送

関連記事

  1. 人材不足の救世主!?入退室管理「Akerun」

    2018.05.08
  2. シェアスペースの利用状況や個人デスクの「在席・空席を可視化」するセンサー発売

    2018.06.04
  3. 株式会社えふなな、企業の働き方を自由に発信できるPRサービス「Fledge PR…

    2018.06.05
  4. コワーキングスペース併設の結婚式場が渋谷にオープン!

    2018.05.01
  5. 自宅空き部屋をシェアハウス化!茅ヶ崎のワークスペース付きシェアハウス。

    2018.06.06
  6. サンワサプライ、カバーをスライドしてコンパクトにできるBluetoothマウスを…

    2018.06.05

最新ニュース

PAGE TOP