Loading

MAGAZINE

「出会いは、シェアオフィス」NHKニュースウォッチで放送

コワーキングスペースの前進とも言える「シェアオフィス」の使われ方について、NHKの9時のニュース「ニュースウォッチ」が取り上げた。
スタートアップ企業だけでなく、一般企業が利用拡大、利用者間の出会いの場として有効と特集で報じた。

同じフロアで、カフェエリアなどの共有スペースがあれば、食事中やカフェタイムでさまざまな声が聞き漏れると考えれば新しい出会いがあるのは必然、
同じ社員バッチを付けた者同士が社食で社内交流しかしていない企業とのイノベーション格差は広がるばかりだろう。

ニュースソース

[blogcard url=”https://www3.nhk.or.jp/news/business_tokushu/2018_0531.html”]

スペース活用コワーキングプラットフォーム「via-at(ヴィアート)」が首都圏でサービス開始

新宿野村ビルの入居テナント向け共有フロア「NEON」野村不動産がオープン

関連記事

  1. 【Route Design合同会社】 コワーキングスペースの役割は環境や仲介に留…

    2018.07.10
  2. 株式会社CAMPFIRE、APAMANグループ会社と資本提携

    2018.08.01
  3. 日本初!京都の起業家シェアハウスにて「交流」と「体験」の提供に特化した民泊事業を…

    2018.08.02
  4. スマホ不要で解錠・施錠が可能な 専用キーパッド「NinjaLock Keypad…

    2018.03.30
  5. シェアリングエコノミーに関する資料発見、シェアします

    2018.05.24
  6. 宮崎県新富町に新たなコワーキンングスペースが誕生。特産品の利益を町に投資し、空き…

    2018.07.23

最新ニュース

PAGE TOP