Loading

MAGAZINE

シェアスペースの利用状況や個人デスクの「在席・空席を可視化」するセンサー発売

オプテックス株式会社(本社:滋賀県大津市、代表取締役社長:上村 透、以下「オプテックス」)は、オフィス内の会議室利用状況やシェアスペースの在席状況などを確認できる存在検知センサー「CPD」を8月より販売開始する。

働き方改革に代表される、活発なコミュニケーションや自由なワークスタイルに合致した、フリースペースの効果的な運用を実現するために開発した製品という。

コワーキングスペースの空席状況を確認するなどの応用に期待できる。

製品イメージオプテックス存在検知センサー「CPD」製品イメージ
設置イメージオプテックス存在検知センサー「CPD」設置イメージ

ニュースソース

[blogcard url=”https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000012195.html”]

オプテックス株式会社

[blogcard url=”http://www.optex.co.jp/”]

国土交通省、Yahoo!ロッジで「コワーキングスペースサミット2018」開催!

ディ・エグゼクティブ・センターのサービスオフィス『神宮前タワービルディング』に13階フロアが7月1日新たにオープン

関連記事

  1. バイト専用コミュニケーションアプリ「CAST」がシフト管理できる機能「SHOPプ…

    2018.06.05
  2. 人材不足の救世主!?入退室管理「Akerun」

    2018.05.08
  3. サンワサプライ、カバーをスライドしてコンパクトにできるBluetoothマウスを…

    2018.06.05
  4. あのジャパネットたかたが自社製造のウォーターサーバー宅配サービス販売開始!

    2018.06.07
  5. ネットショップ初心者の悩みをインターネットで無料解決「オムニコンサル」提供開始

    2018.06.08
  6. スペース活用コワーキングプラットフォーム「via-at(ヴィアート)」が首都圏で…

    2018.05.31

最新ニュース

PAGE TOP