Loading

MAGAZINE

東京発のソーシャルアパートメントが遂に大阪に初上陸。ミレニアル世代向け交流型住宅、2018年10月にグランドオープン

株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山崎 剛) は、首都圏を中心に展開する隣人交流型賃貸住宅「ソーシャルアパートメント」38棟約2,000戸の運営を主力事業として、ゲスト交流型ホテル、ソーシャルアパートメント併設型カフェなどのライフスタイル事業を展開。
この度、大阪初となる39棟目のソーシャルアパートメント「TERMINALS(ターミナルズ)高槻」を2018年10月にオープン。
オープンに先駆けて2018年8月中旬より順次内覧会を開催予定。

ソーシャルアパートメントとは、賃貸マンション内にラグジュアリーなラウンジを設置することで住人間の自発的なコミュニティ形成を促進させる仕組みを持った新しい共同住宅。
共用ラウンジには、ラウンジ全体が見渡せるアイランドキッチン、ビリヤード台、ダイニングテーブルなどが置かれ、様々な要素が交錯する空間に仕上っている。
また、施設内にはワーキングスペースも設置されており、フリーランスの増加や柔軟な働き方にも対応できる環境を整備している。

CoMall’s Voice

「ソーシャルアパートメント」と聞くとどんな印象を持ちますか?まだ全国的には言葉自体も耳慣れないものですが、説明を聞けば「こんな暮らしがしたい!」と思うミレニアル世代は多いでしょう。
ここなら自宅で働くのとも、出社して働くのとも違う新しい働き方が可能になりますね。仕事とプライベートがボーダーレスなクリエイター同士がここに住んだら毎日面白いことが起きそうです。
CoMall視点では、将来的に子供が生まれた時にも周りの大人全体がサポートするという土壌が自然にできるのではないかと期待しています。

「TERMINALS高槻」公式WEBサイト

ターミナルズ高槻|物件TOP|シェアハウスよりもソーシャルアパートメント
大阪初となるソーシャルアパートメントが高槻に登場。シェアハウスと一人暮らしのいいとこ取りをした新しいライフスタイルを体験ください。

株式会社グローバルエージェンツ

Global Agents
The world is like a wonderland. 私達は世の中の「ありえる」を形にして無限の可能性との出会いを育むエージェントチームです。ソーシャルアパートメント、ホテル、カフェなど様々なライフスタイル事業を手掛けています。

ソーシャルアパートメント

シェアハウスよりもソーシャルアパートメント
シェアハウスにはないライフスタイル、それがソーシャルアパートメント。従来のマンションとは違い、プライバシーを確保し入居者同士が集うラグジュアリー空間を設置。東京その他エリアの「世界が広がる」居住スタイルをご提供します。

コワーキングスペース「andwork」

andwork(アンドワーク)|ホテルハイブリッド型コワーキングスペース・シェアオフィス
andwork(アンドワーク)は、渋谷、京都に展開する、これからの時代のワークとライフの関係を提案するホテル併設型ワークプレイスです。

ニュースソース

東京発のソーシャルアパートメントが遂に大阪に初上陸。ミレニアル世代向け交流型...
株式会社 グローバルエージェンツのプレスリリース(2018年7月17日 14時00分)東京発のソーシャルアパートメントが遂に大阪に初上陸。ミレニアル世代向け交流型住宅、2018年10月にグランドオープン!

【株式会社リビタ】 新宿駅直結、暮らしを自由にするオフィス「12 SHINJUKU」2018年8月20日(月)オープン

姫路では初となるキャビン型の宿泊施設、「CABIN INN 姫路駅前」が姫路駅前にオープン!

関連記事

  1. 【株式会社Zero-Ten Park】 福岡発コワーキング「The Compan…

    2018.07.24
  2. 【株式会社スペイシー】 リモートワークの場所を提供するスペイシー、顔認証・GPS…

    2018.07.10
  3. IT企業がコワーキングスペース「Technology Base」を品川にオープン…

    2018.05.29
  4. 株式会社CAMPFIRE、APAMANグループ会社と資本提携

    2018.08.01
  5. 新コンセプト!結婚式場×女性向けコワーキングスペース「la billage」の内…

    2018.06.06
  6. 渋谷の女性向けコワーキングスペース施設 la billageオープニングイベント…

    2018.06.26

最新ニュース

PAGE TOP