Loading

MAGAZINE

「Dr.コモールのワーキングクリニック」カルテNo,001 子連れコワーキングスペース はぐみっく編

みなさんこんにちは。そしてはじめまして。仕事で悩める患者様の心と体を軽くする「Dr.コモールのワーキングクリニック」へようこそ。
私の名前はDr.コモール。患者様のワーキングスタイルにまつわる悩みをお聞きして、その方に最適な解決方法(処方箋)をお出しします。

おや、今日の患者様は随分焦っておられるようですね…。

先生!助けて下さい〜!もうダメかも〜!!

おやおやどうされましたか?かなり切迫した状況のようですが…。

保育園に!落ちちゃったんです〜!4月から職場復帰の予定なのに!このままだと私仕事辞めないといけないのかしら…?

それは大変だ。いわゆる「待機児童問題」ですね。都市部では正社員で育休中のお母さんでも入園するのにはかなり倍率が高いと聞きます。

そうなんです!認可の保育園は希望の園を何個も出したのに全滅で…。無認可の保育園は月に15万円くらいかかるんだそうです。私これからどうしたらいいの…。

時短勤務で月に15万円も保育園に消えてしまうのはさすがに辛いですね!ではカルテを作りますので、もう少し具体的な症状をお聞かせください。

「森田様のカルテ」

プロフィール:森田かよこ(31)東京都中央区在住。正社員として港区の製薬会社で働いている。現在は第一子出産のため育休中。来年の4月から職場に復帰する予定だが、希望していた認可保育園に全て落ちてしまい、絶望的な気分。

症状:育児のために睡眠不足と肩こり・疲労が蓄積されている。保育園に入れないとわかり、ショックで食欲も落ち気味。

なるほど。認可には入れず、無認可では費用が高すぎて不安だということですね。テレワークなども検討されましたか?

一応、会社にはそういうシステムはあるらしいんですけど、自宅で赤ちゃんをみながら仕事なんてできっこないですよ〜!うちの部署会議も多いし。

まぁまぁ落ち着いて。なかなか難しい問題ですね…。ですが森田さまにぴったりの処方箋があるので安心してください。

森田様への処方箋



今回森田様に処方するのは「はぐみっくコワーキングスペース」。JR・日比谷線の八丁堀駅から徒歩1分、ベビーカーでも楽々通える「こどものための複合施設」の中にあります。
ビル一棟が丸ごと関連施設で、6階と7階がお子さんと一緒に使えるコワーキングスペースになっています。


ー1Fから7Fまで、全てがお子さんのための施設なので安心して利用できますね。

エレベータで6階に上がってみましょう。ここが受付です。

ー月額の会員になる他、ドロップイン会員として1時間ごと(500円)の利用や、丸一日(1,500円)の利用も可能です。


ふふふ。まるで子育て支援センターや児童館のようなキッズスペースに驚かれましたか?
ここはお子さんと一緒の空間で仕事をしたり、勉強や息抜きができるようにとファミリーのために作られた、森田様のようなママやパパにぴったりの子連れコワーキングスペースなんです。


ー赤ちゃんも興味津々ですね!


ー0歳〜未就学児くらいまでのお子さんが広々遊べるようになっています


ーベビー用のチェアも完備されていますね


ーこんな風に赤ちゃんをあやしたり、お世話しながら作業をすることができます


ー今日の利用者の方々はみなさんママだそうですよ


ーゆったりとしたソファーで、お子さんをのびのび遊ばせながら作業されていますね

ここにはフリーランスやリモートワーク・資格取得のために勉強がしたいママやパパが大勢訪れています。1時間単位での利用も可能なので、最近はママ会にも人気みたいですね。
森田様の場合、育休中から少しずつここで職場復帰のためのリハビリをしたり、遠隔で打ち合わせしたりすることもできますね。


ーママだけでなくパパも訪れやすい、落ち着ける空間のようです

ちょっと利用者の方のお話も伺ってみましょうか。
「こんにちは。赤ちゃんとっても可愛いですね!今日はどのような目的でこちらのはぐみっくさんへ?」


「こんにちは〜。私は今求職中なんですが、家だとなかなかゆっくりお仕事を探したり履歴書を書いたりすることができないのでよくここを利用しています。
今はこのコワーキングスペースで遊んでもらっていますが、下の保育園にもお世話になる予定です!」

「そうですか。ありがとうございます。いいお仕事が見つかるといいですね。」

「ありがとうございます。この子も、ここがすごく気に入っているので何もなくてもつい来ちゃうんですよね(笑)」

ご自宅と違った環境が、赤ちゃんにとってはまた新鮮なのかもしれませんね。

そうそう、ご説明が遅くなりましたが、このビルには1Fから7Fまで、様々な施設が整えられているんですよ。
1Fは「病児・病後保育室」、2Fは「はぐみっく保育園」、3Fは調理室と会議室、4Fは学童保育、5Fは女性のためのクリニック、そして6F7Fがコワーキングスペースです。
つまり、お子さんを見ながら作業もできるし、下の保育園の一時保育に預けることもできる。さらに病気になってしまった時も、どんな時でも対応してくれるスーパー施設なのです!


ーここまで至れり尽くせりなのは日本でもここだけなのではないでしょうか?

…すっごい…こんな施設が存在するなんて…授乳室にオムツ替えスペースもあって、まさに「神施設」って感じですね!うちのこまだ0歳なので、病児保育まで同じところにあるって本当にありがたいです。

働くお母さんにとっては朝の移動時間は1分でも貴重ですからね。保育園も無認可ではありますが、自園給食にこだわって、かつリーズナブルな料金設定だそうです。


ーお昼寝中の赤ちゃんたち。子供のすぐ近くで仕事をしていると、こんな姿も見られるのですね


ーフリードリンクもコーヒーからハーブティーまで、ママへの優しさが伝わってくるラインナップです。ちょっと小腹が空いた時の軽食も完備されていますよ

自園給食!素敵!えっ?コワーキングスペースもフリードリンクで1日1,500円なんですか?こんなにおしゃれで便利なのに!?なんでそんなにお安いんですか?

実はここだけの話…(ヒソヒソ)まだオープンされて間もないそうで、本当に穴場らしいですよ。
それから、運営されているのも0歳と1歳のお子さんを持つご夫婦だそうです。パパやママ、お子さんにとって本当に使いやすくていい施設を…と考え抜いた結果、こんなに至れり尽くせりなのにリーズナブルな料金設定になってしまったそうです(笑)



ー空間のあちこちに、現役のパパママならではの優しい心遣いを感じますね



ー木のぬくもりを感じるおもちゃや絵本など、本当に子供にとって「良い」ものをと、質の高いものが揃っています


ー7Fのコワーキングスペースは大きなテーブルが特徴で、インテリアも細部までこだわっています


ーここは小学生以上のお子さんなら、隣で宿題やお絵かきなどをしてお母さんを待てますね


ー月額会員になれば、会議室も利用できるそうです

最後に、このはぐみっくを運営するご夫婦の奥様は、現役の産婦人科の先生でもあります。医療と保育のスペシャリストが作ったファミリーのための施設、いかがでしたか?

すごくいいです!ここなら、認可の保育園に希望を出しながら、コワーキングスペースでリモートワークしたり会議に参加したりもできそうですね!

そうですね。これだけ施設が充実していると、どんな働き方の方にも対応できるのではないでしょうか。

子どもが急に熱を出した時、夫にお迎えをお願いしてここで待っていてもらったりすることもできますよね。私がすぐに駆けつけられないこともありますし。

ここはパパも利用しやすいように、あえて女性的すぎない内装やインテリアにこだわっているそうです。清潔感があって、パパにも受け入れられやすいのではないでしょうか。

ありがとうございます!まずはドロップインで一日体験してみようかと思います。もちろんパパも一緒に見学に行きます!

すっかり表情が明るくなりましたね。待機児童問題は深刻ですが、こうやって働くお父さんやお母さんを応援する施設は確実に増えてきています。うまく利用して、家族みんながストレスなく過ごせるようになるといいですね。


ー子どもたちだけでなく、パパやママも笑顔になれる働き方を考えたいものですね

最後に、森田様ファミリーのためにスペシャルな処方箋をお出ししましょう。これを持ってはぐみっくに行ってみてください。

【Dr.コモールの秘密の処方箋】

2018年10月22日〜11月31日までにはぐみっくに来店
受付時に「コモールの紹介できました」と伝えると、通常1,500円(税別)の「1日利用」を1,000円で体験できます!!
平日9:00〜20:00の営業時間内なら何時間でも利用できるので、お子さんと一緒にゆっくり過ごすことができます。
※キャンペーンの実施ははぐみっくコワーキング(八丁堀)限定です。
※キャンペーンの適用は初回のご利用のみ、お一人様1回限りとさせて頂きます。
※ご利用の前にお名前等のご登録をいただきます。
※上記の条件をご了承頂けない場合、通常料金(1,500円/税込)の利用料を頂戴いたします。

ありがとうございます!ただでさえリーズナブルなのに、割引まで!早速帰って夫に話してみますね!!

一度行けば、その便利さだけでなく、温かい空気にも癒されること間違いなしですよ。お子さんと素敵な時間を過ごしてくださいね。

森田様もすっかり元気になって良かったですね。
では、次の患者様をお呼びしましょうか…。

「はぐみっく 子連れコワーキングスペース」営業時間や料金などの詳細はこちら

「私の”推し”コワーキングスペース」【Alley base(アリーベイス)】編

関連記事

  1. 仕事×宿泊という合宿風の働き方ができる古民家ゲストハウス

    2018.05.14
  2. 人材不足の救世主!?入退室管理「Akerun」

    2018.05.08
  3. 「私の”推し”コワーキングスペース」【TIMES CAFE】編

    2018.08.06
  4. 「私の”推し”コワーキングスペース」【いいオフィス上野】編

    2018.06.30
  5. あなたもフリーランスを試すべき3つの理由(コラムをブックマーク)

    2018.05.14
  6. 「コワーキングスペースの管理人さんに会いに行こう」【いいオフィス上野 編】

    2018.06.30

最新ニュース

PAGE TOP